平成29年
 第2回定例市会 9月議会
平成28年度神戸市各会計決算
 決算特別委員会[意見表明]
 自由民主党神戸市会議員団は、平成28年度神戸市各会計決算及び関連議案26件を下記の理由及び要望18件を付して、認定並びに承認いたします。

平成29年9月25日
自由民主党神戸市会議員団

「理由」

 平成28年度決算は6年連続で財源対策によることなく実質収支の黒字を確保するとともに、財政の健全性を示す将来負担比率や実質公債費比率も政令市の中で上位を確保したこと等については高く評価いたします。 一方、少子・超高齢社会の進展に伴い、社会保障関係費が今後も増大していくことなどが予想される中においては、事務事業の見直しなど引き続き「神戸市行財政改革2020」の達成に向けて着実に取り組まれるとともに、民間投資の誘発などによる市税収入等の歳入確保を図りながら、好循環を生み出していく積極果敢な施策展開に期待し、決算を認定いたします。

「要望事項」

(1)
大阪湾岸道路西伸部の早期開通と神戸西バイパスの整備促進に向け、全力で取り組むこと。
(2)
神戸の未来への投資については、三宮の再開発を進めるとともに、新産業の育成に全力で取り組むこと。
(3)
企業誘致については、神戸ならではの環境を活かし、トップセールスをさらに進めるとともに、機動的な予算措置をとること。
(4)
インド、アーメダバード市との友好を積極的に進めること。
(5)
医療ツーリズムの一層の推進に取り組むこと。
(6)
ふるさと納税については、神戸の魅力を前面に出す形で寄付金の獲得に努めること。
(7)
結婚新生活支援事業については、所得制限撤廃も含めた弾力的な運用に努め、移住・定住を促進すること。
(8)
福祉人材、とりわけ介護職の確保と育成に積極的に取り組むこと。
(9)
保育料の算定については、引き続き階層区分を増やす等、所得に応じた緩やかな料金体系となるよう検討すること。
(10)
遊休市有地を有効活用し、まちの再活性化に取り組むこと。
(11)
神戸を女子サッカーの聖地とするために、女子サッカースタジアムを建設し、あわせて他のイベントにも使用できるよう検討すること。
(12)
AI技術を積極的に取り入れて、市民サービスの向上に努めること。
(13)
国の「公共建築物における木材の利用の促進に関する基本方針」に則り、木材利用の効果的な促進に努めること。併せてその窓口を新設すること。
(14)
「道の駅」建設を含めた日帰り観光ルートの創出に努めること。
(15)
三宮クロススクエアの実現に際しては、神戸電鉄沿線など北区・西区の公共交通利用コストの低減と利便性向上策を併せて実施すること。
(16)
小学校の校区選択制を積極的に活用して、児童の過密状態を速やかに解消すること。
(17)
市立小中学校等のハングル表記については、苦情もあることから保護者の意見をよく聞いて、解消も含めて検討すること。
(18)
土砂災害の被害者支援については、融資等を含めて、迅速できめ細やかな支援策を実施すること。また、危機管理室と建設局との連携を一層促進すること。
市会情報一覧に戻る